ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)のリージョンコードについて

 ブルーレイディスクには、リージョンコードが付いています。リージョンコードの目的は、販売予定地域以外でのソフトの販売を阻止する事です。リージョンコードに登録されている地域以外でソフトを再生させる為には、リージョンフリープレイヤーで再生させる必要があります。リージョンフリープレイヤーは、安い機種では、数千円ぐらいから販売しています。アマゾンなどで調べて見て下さい。

 日本のBDリージョンコードは、リージョンAに分類されています。(リージョンA: 南北アメリカ、東南アジア、日本、朝鮮半島、台湾)リージョンAグループには、日本と北米エリアが一緒のグループに分類されています。その為、北米版BDのソフトが日本でも簡単に再生出来るメリットがあります。最近では、リージョンコード以外に国コードロックが付いているケースがあります。その為、リージョンが一緒でも国内のBD再生機では再生出来ないケースがあります。国コードを回避する方法として、PS3・PS4、PC、リージョンフリープレイヤーなどで再生する方法があります。※個人的には、PS3・PS4で再生する方法が一番お手軽だと思います。

ブルーレイ リージョンコード

リージョンA: 南北アメリカ、東南アジア、日本、朝鮮半島、台湾
リージョンB: ヨーロッパ、中近東、アフリカ、オセアニア
リージョンC: 中央・南アジア、中国、ロシア、モンゴル

映像規格

リージョンコードが一緒でも映像方式が違うと再生出来ませんので注意して下さい。

NTSC: 日本、アメリカ、カナダ
PAL: 英国、ドイツ(旧西独)、オーストラリア、シンガポール、中国、スペイン、その他
SECAM: フランス、ロシア、東欧諸国、その他

北米版BDは、リージョンコード、映像方式が日本と一緒です。(リージョンA・NTSC)

コメント:0

コメントの投稿